マイクロプロセッサ開発セミナー



 皆さんご存知のように,マイクロプロセッサは計算機の心臓部として,また 様々な家電品の処理装置として,幅広く利用されています.マイクロプロセッサを開発することは難しいことなのでしょうか? そんなことはありません. はじめはどこから手をつけていいのか分からないかもしれませんが,ポイントさえ押えていけば誰でもプロセッサの開発は可能なのです,しかも,近年利用 者サイドで内部の回路構成を自由に書換え可能な集積回路(FPGA:Field Programmable Gate Array)が利用できるようになり,国内の大学でもプロセッサの設計教育が盛んに行われています.
 今回は,LSIを設計する上で主流となってきたハードウェア記述言語を利用して,マイクロプロセッサを開発する上で必要なノウハウを紹介します.教材となるマイクロプロセッサは,国内の大学で実際に設計演習の教材として利用されている16ビットマイクロプロセッサ``KITE-1''です.ハードウェア記述言語としては,IEEEで早くから標準化されたVHDLを取上げます.そして,実際に VHDLによりKITE-1マイクロプロセッサの設計入力を行い,シミュレーションや論理合成といった実際のLSI開発に必要な手続きを実習を体験すると共に, FPGAへの実装を行ってマイクロプロセッサの動作確認をします.今回のセミナーは以下の手順で進めていきます.

システム設計の概要
演習教材 − KITEマイクロプロセッサ −
ハードウェア記述言語 − VHDL入門 −
設計
シミュレーション
論理合成
FPGA実装
動作検証


御意見・御感想を御聞かせ下さい


ホーム もどる 辞書


Our mail address is kite@arch.cs.kumamoto-u.ac.jp.
Copyright (C) KITE Microprocessor Project, 1996-1998.